東合茂香の援助物資日記

生活費が足りなくてどうしてもお金が欲しい時はどうすればいい?

   

「旦那の給料だけじゃ生活費が足りない!」と嘆いている主婦も多い時代。

家賃、食費、水道光熱費など結婚すると生活費は倍になり独身時代の貯金はあっと言う間に底を付き毎月が赤字。

出産などで助成金をもらうことが出来ても、ママ友との付き合いで外食代など交際費が増えますし、子供が成長すればその分さらに出費がふえます。

中学生の子供となれば、部活や習い事で送迎が必要になりガソリン代もかかりますし小遣いも必要。

足りない生活費を立て直す為には家計を見直し、生活費を節約しなければなりません。

子供の学校の教育費や医療費は削る事は出来ませんが、他に削るのであれば

・食費を削る
・ご主人の小遣いを削る
・携帯代、生命保険の見直し
・衣服際や交際費などの雑費を減らす

…などがありますが、それでも足りない場合はどうすればいいのでしょうか?

ご主人がリストラされた、病気で働けないなど全く収入がないのであれば、最終手段として生活保護を受けるという手段もあります。

ですが、「今月は出費が多くて足りない!」というくらいなら消費者金融や銀行系カードローンでのキャッシングをオススメします。

1ヶ月分の生活費、例えば今月あと5万円足りないのであれば、1万円枠から借り入れ可能なキャッシングで5万円~10万円と少額でも、借り入れすることが出来ます。

「ローン」と聞いて心配になるのが現在、専業主婦の方だと思いますが、専業主婦でもご主人に収入があれば借入は可能です。

また、「大手消費者金融では30日間は利息なし」といった金融会社もあるので翌月に一括返済をすれば金利0円で融資を受けられます。

どうしても家族に借り入れを知られたくない場合は、自動契約機から借り入れをすれば、自宅に郵便物も届かないので、利用明細などから知られる事はありません。

専業主婦は利用限度額が低くなる事もありますが、利用限度額が大きければ金利も低くなるので、一括返済が難しい方は金利もチェックし、余裕を持った返済計画を立てておきましょう。http://お嬢様酵素.xyz/

 - 未分類